【回顧録】2016年JAL サファイア・JGC修行を振り返る(国内実行編)

JALの上級会員になる為に「距離」をたくさん乗る修行を実際にしてみたらどんな感じだったのか?の巻です。
上の写真は那覇空港にきたら必ず買う大好きな「大東まつり寿司」甘くておいしい。

計画編はこちら

【回顧録】2016年JAL サファイア・JGC修行を振り返る(計画編)JAL修行を実際にやってみるまでの計画を振り返るの巻です。 会社員か学生か、週末休めるのか、平日休めるのか? 有給取れるのか、取れな...

国内編

平日は仕事があるので週末を使って東京から沖縄まで往復します。航空券の価格が安く、天候の安定している4月に集中してフライトを入れました

大まかなスケジュールはこのような感じでした。

このスケジュールは2016年のものです。
羽田→那覇 那覇→羽田
①6:25→9:05 ②11:40→13:55
③16:25→19:05 那覇泊 ④7:35→9:50
⑤10:50→13:30 ⑥15:50→18:10

1.5往復して那覇泊、翌日は那覇から1.5往復してその週の修行はフィニッシュです。4本目と5本目が1時間しか空いていないのが不安ポイントでした。

1本目 (羽田→那覇)

修行ド定番の那覇行き 早朝便JL901便の洗礼

朝一番の那覇行きは6:25。この早朝便に乗れるところに住んでいるかどうかで立てる作戦が変わってくると思います。しかし乗れたとしてもこの早朝便は眠くて辛い。とりあえずこのフライトの記憶はあまり無し(寝てる)。

そして寝起きの朝9時すぎに那覇空港で食べるぜんざい。ここでもかき氷。朝っぱらからぜんざいを提供してくれる那覇空港偉い。練乳と白玉のトッピングが選べます。

朝から食べられるありがたいぜんざい。こちらは練乳追加。
この便にこれから毎週乗るのか・・・と思うとめまいがしてくるのですが、この901便に乗らないと修行した気分にならない人もいるかと思います。空港内の売店を一回りして次の便へ。

2本目(那覇→羽田)

まだまだ体力に余裕あり

那覇空港で程よく休憩して羽田に戻ります。次のフライトまで時間に余裕があるので羽田についたらのんびりお昼ごはん。フードコートのたこ焼きをよく食べていました。でもこののんびり待機時間も回数を重ねていくとじわじわ辛くなってきます。

機内で気持ちよく眠れるように(?)おビールも飲みます。

3本目(羽田→那覇)

1日目のラストフライト

土曜日ラストのフライト。このフライトで那覇に着いたらゆいれーるの旭橋近くの東横インで一泊。

疲れていて晩ご飯は食べる元気もなく沖縄っぽいお弁当とオリオンビールで疲れを癒します。空港とフライトの繰り返しで実際は大して体を動かしていないのに疲れる不思議。

4本目(那覇→羽田)

疲れが抜けない2日目スタート

那覇からスタート。早朝!というわけではありませんが、疲れが残っているのでぼんやり。また戻ってくるので空港で何か買う気分にもならず。このフライトも記憶なし(爆睡)。

5本目(羽田→那覇)

あと1往復。精神的に辛くなってくる

東京に帰ってきたのに、もう1往復もするのか、とこの辺りでプチ絶望感がでてきます。
ただしこのフライトと次のフライトに関しては時間が1時間しかないのでめちゃくちゃビビってました。結果としては間に合っているのですが、ちょっと心臓に悪いのでフライトの間隔は2時間は空けたいところです。

那覇空港の空港食堂でランチ。このタイミングで一応お土産を購入。
タコライスとソーキそばのセット。

別の週は気になってきた焼きそばも食べる。
那覇空港の空港食堂のメニューを片っ端から試せるのも修行ならでは。

6本目(那覇→羽田)

ぐったりのラストフライト

ラストフライト。2日間飛行機に乗っているだけなのに、ものすごい疲れがでてきます。1日でハワイに着いちゃうくらいの時間飛行機乗っている事に気づいて「私、一体何やってるんだろ?」と思わずにはいれない6本目。
搭乗口の近くにある売店で富士屋ぜんざいを食べる。

けっこうおいしい。

そして羽田に到着。
翌日会社という事に本気で絶望しながらフラフラ帰宅。

この週末沖縄3往復ルーチンを3週連続実行して、合計9往復。
18フライト。

実際にやってみた感想

辛い。(そりゃそうだ)

薄々わかっていたけど、体力がじわじわ消耗されてきて最終的にはぐったり。飛行機に乗っているだけじゃん!とは言うものの、実際にやってみると結構体力も気力も辛いです。飛行機に乗るのは大好きなはずなのに・・・。

辛いポイント

個人的に辛かったポイントはこのような感じです。

  • 空港から出ないので、空港に暮らしている感覚になる。
    (永遠に終わらないのでは?の錯覚に落ちいる)
  • 月曜日何食わぬ感じでふつーに出勤するのもしんどい。
    (もちろん職場へのお土産はない)
  • 機内で沖縄に旅行に行く人とのテンションの差が辛くなってくる。
  • 回数を重ねるごとに沖縄土産を買うテンションがなくなってくる。
  • 飛行機に乗っている時よりも何気に待ち時間の方が辛い。

良かったポイント

  • 空港に売っているものに詳しくなる。
  • 羽田の売店はおやつを一個から買えるのでフライトおやつが楽しい。
  • なんだかんだ言っても飛行機に乗る時はわくわくする。

早くステータスを取る為に集中してFOPを貯めたいのであれば、ちょっと無理して1日で沖縄を2往復したり、今回の私みたいに宿泊を絡ませて往復、もしくはファーストクラスで往復等、いろいろ手段はあるかもしれませんが、飛行機の単純往復を集中してこなすのはちょっと飽きがきます。

1日1往復だったら体力的に無理なくできそう!

できれはクラスJが望ましい

シートはなるべくクラスJにしておくのもおすすめです。FOPのポイントが多くなる事以外にシートが広くて寝やすいので体力の温存をする事ができます。さらに前方座席なので次フライトの時間が迫っている時でもすぐ移動できるもの大きい。
ただし現在は安いチケットでのクラスJの設定がなくなってしまったので計画時に費用とかかる時間、得られるFOP数等をよく検討する事をおすすめします。

FOPの貯まり方はゆっくりになりますが、空港や沖縄をある程度楽しみながら往復するのが精神衛生上良さそうな気がします。

長くなってきたので海外編は次回

【回顧録】2016年JAL サファイア・JGC修行を振り返る(海外実行編)JAL修行海外編です。沖縄とシンガポールを絡ませてJALの上級会員になるための距離を稼ぐルートとなります。 今回紹介するのは2...