2019年8月バンコク

タイ スワンナプーム国際空港のレストラン

タイ スワンナプーム国際空港でご飯を食べるの巻。レストランやファーストフードも結構あるので食べるには困りませんでした。

1F フードコート

追い風の影響で元々早朝着だったのがさらに1時間!も早まって4時着。あまり眠れないし、早すぎてホテルにも向かえないし空港1Fのフードコートで時間を潰していました。

タイの屋台グルメが食べられるフードコート

空港1Fのフードコート入り口はこちら。
結構地味な外観。
この入り口の近くにチケットを販売している受付があるのでとりあえず100バーツ分のチケットを買ってお腹は空いていないけど早すぎる朝ごはん(朝5時)。
いろんな種類のお店があります。
チャーハンとか麺とか、おかずぶっかけ系、デザート、ジュース等。ひとまずタイっぽいご飯は一通り揃っている感じ。中華的なものはあったような気がするけど、パスタとかの洋食はありません。アジア飯しかありません。

まずは外さないであろう朝ごはんをチョイス。

このお店に決めた。パッタイ 80バーツ

注文の仕方(英語でメニュー番号を言えば大丈夫)

注文はメニューに番号が振られているので英語で数字を言えば大丈夫。
調味料はお店の前にあります。お料理を受け取ったらお好みで調味料を追加しましょう。(調子に乗ってあれこれかけると辛くなるから注意)

受付で購入したチケットをお店の人に渡せば、料金分を差し引いた分のチケットを返してくれます。1人100バーツもあれば十分。空港のごはんは高いイメージがあるのですが、フードコートは安くてバリエーションもあるのでおすすめ。CAさんや空港スタッフさんも食べに来てたので那覇空港の空港食堂みたいな感じなのかな。

フードコートのエリアは広く。朝だった事もあり席の確保は余裕。
チケットの余り分は受付に戻せば返金してもらえます。簡単。お水は10バーツでした。

しかし早朝すぎて食べる以外にやる事がなく、フードコートで3時間くらい時間を潰す事になってしまった。アーリーチェックインってどのくらいの時間からOKなんでしょうかね。みなさんどうやって過ごしているんだろう?マッサージ?

手持ち無沙汰で買ってみたタピオカミルクティー的なもの。激甘。

空港に早朝到着した時の計画を立てておこう

私たちは何も考えてなかったので空港でまったり(とても眠い)。

3F レストラン

横に長いレストラン街

3Fがレストランフロアになっています。横に長ーいレストラン街。

バーガーキングやスタバ、ディーンアンドデルーカ等の安心安定のチェーン店もしっかり。でも食べる気にならないくらい高い。

ディーンアンドデルーカのバンコク限定バック。
安ければ買おうと思ったけど、思っていたよりめちゃくちゃ高かったのでそっと戻した。

帰国時に安心。カードが使えるけどちょっと高い

他にもレストランあり。日本食を謳ったレストランもありますが、フツーにタイ料理も置いているのでよくわからない事になっています。
せっかくなのでタイ料理屋さんに入ってみる。

バンコク市街では暑くて食べられなかった汁系の麺を冷房が聞いている空港レストランで食べる。
しかしいまいち。2人で462Bでした。日本の空港のレストランよりは安いけど、バンコク市内でご飯を食べてた身からすると高くて量が少ない。空港だから仕方がないけど、これなら1Fのフードコートでいいかな。帰りに現金が余っているならフードコート、現金がないならクレジットカードが使えるレストラン、って感じかもしれない。

コンビニ

コンビニもあります。安定のファミマ。

海外のコンビニパンはわくわくする。日本語たくさん。それだけ日本人がたくさんタイに来てるって事なんだろうな。
パンダンリーフを使った黄緑色の菓子パンが東南アジアっぽい。
出国後にラウンジでご飯を食べるならコンビニで軽く菓子パンとかでいいかも。

まとめ

スワンナプーム 国際空港はご飯を食べる所がたくさんあるので見ているだけで楽しい。安くてタイの気分を満喫したいなら1階のフードコートがおすすめ。