マレーシア

マレーシアで日式かき氷(kakiyuki クアラルンプール )

2019年マレーシア旅行記です。海外でも可能な限りかき氷を食べます。本来ならマレーシアならではのかき氷を食べるべきなのですが、ホテルの近くにあるショッピングセンターにある「kakiyuki」さんに3日連続でお邪魔してきました。

アクセス

クアラルンプールの繁華街ブキッビンタンにある大型ショッピングモール「パビリオン」内にお店があります。ショッピングモールの通路、オープンスペース(通路)に店舗があり非常に綺麗で清潔です。


店舗はマレーシアにいくつかありチェーン展開されているようです。

メニュー

メニューはこちら。 日式だからなのか日本語も併記されていますが、メニュー構成は英語になっています。オーナーが日本の方なのかな?
かき氷だけでなくケーキやわらび餅や大福まで!和菓子を食べている人も結構いてなんとも不思議な感じ。
アジアでよく見る甘味のついたミルクや味付きの氷を削り出したものではなく、氷を削ってシロップを掛けた、まさに日本式のかき氷となります。見た目も日本で流行っているかき氷をかなり意識したものになっています。

注文方法

先にカウンターで注文して料金を支払います。その際に呼び出しベルをもらいますので、ベルが鳴ったらカウンターに商品を取りにいきます。その際に食べ終わったらお皿をカウンターに下げてね。とお願いされます。

1杯目 ホウジミルク

ほうじ茶みるくのかき氷(17RM 約440円)

アジアの人にほうじ茶は人気があるのかな?バンコクでも確かほうじ茶のかき氷がありました。手始めに大好きなほうじ茶のかき氷をオーダー。10分程度待ってきたのがこちら。

柔らかい氷にびっくり!

和食器的なうつわにこんもり盛られており、大きさはこひる庵さんをひとまわり大きくした感じ。トップはなんと栗!表面にはきな粉がまぶされています。付け合わせのシロップはきな粉みるく。私、今日本にいるんだっけ?と思わずにはいれない構成のかき氷です。
まず一口食べてびっくり。氷がふんわりサクサクしていて、ジャリジャリ感は全くなし。日本のかき氷屋さんと全く同じクオリティーです。正直びっくらこいた。ほうじ茶みるくの甘さも甘すぎる事なく、濃すぎる事もなくかき氷として食べるにちょうど良い塩梅。食べ進めていくとカットされた栗があり良いアクセントとなって飽きることなく完食。途中、素氷になる事なく満遍なくシロップが掛けられていて成型も綺麗。もちろん途中で崩れる事もなし。
いやいや、ここ東南アジアだよね?。ここ東京じゃないよね?って思いながら食べていました。
小さい店舗ですがスタッフも複数いて、それでこの氷のクオリティをキープできているのすごい。しかもチェーン展開されているとは・・・すごい。

2杯目 黒サムライ(黒ごまのかき氷)

ほうじ茶みるくの衝撃が凄すぎで翌日も突撃しました。
この日はメニューをしっかり予習して黒サムライ(黒ごまのかき氷)です。
黒サムライ(23RM 約600円)

なんとかわゆい!ちょうど10月の下旬だったのでハロウィンバージョンになっていました。おばけはメレンゲ。かわいい。

複雑構成なのに味のケンカ無し

構成はトップに黒ごまホイップ、アーモンドのお菓子(カリカリ)、ベースは黒ごまミルク、後半はコーヒーみるく。中には黒ごまホイップとコーヒーゼリー!
黒ごまはホイップもベースもしっかりした黒ごま味で文句なしに美味しい。トップのカリカリお菓子も良いアクセント。後半はコーヒーみるくと混ざって再び黒ごまホイップと共に最後までミルキー感を楽しめます。コーヒーゼリーが入っているのも驚き。最後まで美味しい美味しいと呟きながら完食(周りに日本人がいなかったから良し)。黒ごまとコーヒーの組み合わせは四谷三丁目の「Ryan」さんで美味しい事は分かっているのですが、異国の地でこの組み合わせを食べられるとは思いませんでした。

3杯目 ウオーターメロンキス

帰国日ももちろん立ち寄り。現金が少なくなってきたのでお手頃のメニューをチョイス。
すいかのかき氷(17RM 約440円)

私はすいか大好き人間なのですが、かき氷となるとなかなか難易度の高いフルーツだと思うので冒険してみました。

すいかとローズの組み合わせに驚愕

構成はトップにホイップ(これは普通に生クリームだったかな?)と、ピスタチオ等のナッツ、いちご、ドライのローズが振りかけられています。ベースはすいかシロップ。
まずすいかシロップがリアルすいか。すいかの青臭さ的なものもしっかり感じられて甘さはスッキリ。クリームがあるので適度にミルキーさも追加されていて思っていた以上に食べやすかったです。そして一口食べるごとにローズの香りがふんわりしてきてお口の中スッキリ。すいかと薔薇?と思いましたが意外に合う組み合わせにびっくり。これは私のかき氷人生で初めてのお味。後半は中にもホイップやらいちごやら入っているので、こちらも飽きる事なく完食。

大きなかき氷を飽きずに食べられる工夫がしてあって、今回食べたのは3杯だけでしたがとても美味しいかき氷達でした。もっと食べたかったなー。

まとめ

とりあえず近くのモールにかき氷屋さんがあるから1回は食べてみるか。と気軽な気持ちで食べたkakiyukiさんのかき氷でしたが、予想を遥かに上回る美味しさでした。
ちなみに私以外の人はみんな1つのかき氷をシェアして食べておりました。そもそも1人できている人自体ほとんどいなかった・・・。(私はかき氷を食べる時だけ個人行動)
東南アジア感は全くないので旅グルメとしては微妙かもしれませんが、日本でかき氷を食べ慣れている人でも満足できるかき氷なのでマレーシアに行く予定のあるかき氷好きな方は是非!

ショッピングモール内にあるので冷房が効いています。かき氷を食べる人は冷えてしまうので羽織りものがあるとベター。