2019年9月台湾

朝ごはんは青島飯糰で台湾おにぎり。台湾の朝ごはんはおいしい

台北では 台北駅近くのNYS LOFT HOTELに宿泊したのですが、近くに朝ごはんスポットがあったのでお店で朝ごはんを買ってホテルの食堂で食べていました。
台湾は朝ごはんが安くて美味しいので高いお金を払ってホテルに朝食を付けるのは勿体ない。ホテルは朝食無しプランにして浮いたお金で朝ごはんを食べに行くのが超おすすめ。今回は日本ではなかなか出会えない台湾おにぎり飯糰を食べてきました。

青島飯糰

紫米を使ったおにぎり

ホテルの近くに台湾おにぎり屋さんが2店くらいあったのですがこちらをチョイス。ホテルから歩いて5分程度です。道端で営業している感じがたまらない。台湾は朝から屋台がこんな感じであるので朝から楽しい。
メニューは店頭に記載してあります。
店頭のおじさんに物欲しそうに目で訴えて、メニュー表を指差して注文OKでした。買ったのはメニュー下から2番目のツナのおにぎり(紫米)と豆乳。豆乳は甘いのと甘くないのがあるようで、店頭で聞かれました。私は砂糖入りを注文。お米も白米と紫米が選べるようになっています。

ホテルに帰って食堂で早速朝ごはん。
台湾おにぎり飯糰はこちら。
見た目ちょっとびっくりだけどこれがおにぎりです。
台湾のおにぎりは俵型のおにぎりでたくさんの具材をお米で太巻きのようにぐるっと巻いてこれをビニール袋の中にポイっと入れてくれるので手を汚さずに食べる事ができます。無骨な見た目ですがこれがなんとも美味しい。
断面はこんな感じ。

珍しい紫米の米粒はパラパラしているものの噛んでみるともっちりしていておいしい。お米自体にクセはないので見た目に反してとても食べ易いです。おにぎりの中身は具沢山。揚げパン(油條)のサクサク具合が良い感じのアクセントになっています。ツナもおいしいー。
豆乳はサラッとしていて豆の味も濃すぎずスッキリした飲み口なので朝ごはんの邪魔もせず美味しい。日本で豆乳を飲む事はないんだけど、台湾ではつい飲んじゃう。

翌日もリピート

翌日は台風直撃だったのでお店の朝ごはんは断念して、前日と同じくおにぎりを買ってホテルで朝ごはん。

今回はメニュー下から3番目。とりあえず綜合って書いてあるやつは間違いないと思っているのでこちら。
見た目は変わらないのですが前日とは微妙に違う感じ。でもこちらも美味しいです。見た目は大きいのですが、お米の量が多い訳ではなく具沢山なので思ったほどたくさんないと思います。思いの外軽く完食。でももち米なので後からじわじわ満腹感がやってくるのでおやつにするには危険かも。

 

今回はかき氷メインなので朝ごはんのおにぎり以外に食べたのは軽いものです。その他はこちら。

老蔡水煎包

ホテル裏にある肉まん屋さん。朝から夜までがっつり営業してくれているので夕方ホテルに着く前に空腹だったのでちょっと立ち寄り、チェックインしてからお部屋で腹ごなしをしました。

買ったのは肉まんときゃべつまん。
肉まんはクセのないお味で食べ易い。肉汁もたくさんでジューシー。キャベツまんはゴマ油の風味が効いていて想像以上に美味しかった。

夜小腹が減った時、朝ごはんにちょこっと食べたい時、かき氷ばかり食べて少ししょっぱいものが食べたいなー、という時に1つだけ買って胃をリセットするのにも便利そう。

夜もやっているので小腹満たしに便利。看板のキャラも何気にかわいい。

信陽街永和豆漿

台湾の朝ごはんといえばやっぱり鹹豆漿も食べたい。でも外は雨。月曜日は早朝から大人気の阜杭豆漿はお休み、という事でおにぎりを買うついでに信陽街永和豆漿に寄り道してお持ち帰り。店員さんは英語も怪しかったので遠くのメニュー表を頑張って指差し。いい感じのおばちゃんになんとか伝えて持ち帰り鹹豆漿をゲット。ホテルでおにぎりとあつあつの鹹豆漿を食べて満足台湾朝ごはんとなりました。
今回はお持ち帰りにしましたが店内で食べるのも良さそう。

鹹豆漿をお味噌汁的にいただく。やさしいお味で美味しい。
(しかし実際この時は台風で帰りの飛行機が結構になるかどうかヒヤヒヤしながら食べた)

まとめ

台湾の朝ごはんはとても美味しいのに、何故か日本に上陸してこないので台湾に行ったら是非朝ごはんを満喫する事をおすすめします。
台湾ではホテルの朝ごはんはつけないでお外で朝ごはんが正解。

タピオカよりも台湾朝ごはんが日本で流行してほしい。絶対流行ると思うんだけどなー。

台北駅から徒歩圏内。四海豆漿大王で台湾朝ごはん台北駅から徒歩圏内で行ける四海豆漿大王で台湾朝ごはんを満喫。ローカル感満点のお店ですが写真のメニュー表もあり旅行者でも安心。朝ごはんのお店なのに夜まで営業しているので台北到着してからも使えそうです。...