2019年9月台湾

マンゴーシーズン滑り込み。台北でマンゴーかき氷 3店

前回台湾に行ってから5ヶ月程度経過しましたが、2019年のマンゴーを諦めきれずに2泊3日で台湾リターンズしてきました。今回行ったのはすべてガイドブックに記載されている有名店です。参考にどうぞ。

口いっぱいにマンゴーを頬張る幸せ。緑豆蒜啥咪

夕方くらいに桃園空港に到着。ホテルに荷物を預けて小雨が降る中、速攻向かったのがこちら。緑豆蒜啥咪。

メニューは日本語もあるので安心。いわゆる私たちが食べたいマンゴーのかき氷は200元のやつです。他にも湯圓(甘いスープの中にゴマ団子等が入っている温かいデザート)もあるのでかき氷を食べない人とも来れるのも良い感じ。
しかし私はかき氷一択。その為に台湾に来た。注文したのはこちら。

新鮮なアップルマンゴーのかき氷(200元)
マンゴーでかっ!とにかくマンゴーの絶対量が多い!

写真でもわかるかと思いますが、マンゴーの1切れがとても大きいです。それがいくつもゴロゴロかき氷の上に乗っています。氷自体はガリガリ系ですが、マンゴーが常温なので寒くなりすぎず最後まで美味しく食べる事ができました。氷には黒糖と練乳がかけられており練乳がちょっと甘いかな。台湾で黒糖のかき氷を食べるのは初めてなのですが、黒糖とマンゴーの組み合わせって美味しいのね。これからはみるくだけじゃなくて黒糖もチェックしようと思いました。
改めてメニューを見ると一番高いメニューですが、それでも日本円で720円程度です。普段日本でかき氷を食べまくっている身としては羨ましい限りのお値段です。

9月下旬でもマンゴーの甘さは十分

マンゴーの季節としては終盤になっているので甘さはどうかなー、とは思ったのですが全然問題なし、場所によって酸味が強い部分もありましたが甘くて美味しいマンゴーでした。(練乳がかかっているので多少酸味があっても美味しく食べられると思います)

量が多いのでかき氷のはしごは計画的に

マンゴーの量も多いのですが、氷もそれなりにあるので全体的にボリュームのあるかき氷となります。食べ終わってふと周りをみてみると、みなさんかき氷以外のものや、かき氷はシェアしている人も多かったです。ソロ活動の人は胃袋の容量に注意。

訪問時メモ

2019年9月28日(土)19時頃
待ちなし
日本語メニュー有り(先に注文して席まで持ってきてもらう)

1件目で満腹になったけど、腹ごなしに歩いて2件目に行きます。

マンゴーかき氷の超超有名店 冰讃

緑豆蒜啥咪から2駅程度歩いて、マンゴーの時期だけオープンする超有名店「冰讃」まで来ました。

4月にきた時は開店直後だったので少し並びましたが今回は夜だったのですんなり入店。お客さんは相変わらず9割日本人なので注文しやすくて助かります。

今回もマンゴー(160元)にプリン追加(10元)
あれ?こんなに大きかったっけ?ハシゴしてお腹が満たされているせいか余計大きく見えます。近くの女子は「大きくて食べ切れなーい!」と言っていましたが、多分食べ切れていると思います。大丈夫、甘いもんは別腹だから。
マンゴーはさすがに酸味がでてきていてシーズン終盤を感じました。やっぱり6~7月くらいに台湾に来るのが正解なんだろうなぁ。

この日は満腹になってしまったのでこれ以上ハシゴせずに夜市をふらりと散策して、地下街を通って台北駅まで腹ごなしを兼ねてプラプラしつつ戻って終了。

訪問時メモ

2019年9月28日(土)20時頃
待ちなし
日本語メニューあり(先に注文して注文時に渡されたブザーが鳴ったら取りに行く)

冰讃は夜が空いていておすすめ。
翌日お昼くらいにお店の近くを通りがかったのですが、暑い中行列ができていたのでやっぱり空いていて暑さも和らぐ夜行くのが良いかと思います。

士林夜市とセットもおすすめ マンゴーがとにかく美味しいGomanMango

翌日の夕方、電車を思いっきり乗り間違えて士林方面に向かってしまっていたのでこちらのお店へ。士林駅からすぐなので雨でも安心でした。(雨なのでお店外観の写真撮れず)
黄色で統一された店内は可愛い感じ。店内にはマンゴーの箱もたくさんあって期待大。

注文したのはマンゴーファン(220元)
でっか!みるく氷の周りとくるっと取り囲むようにマンゴー。中心にもマンゴー、トッピングにマンゴーシロップ。ミニサイズもありますが、普段からかき氷を食べ慣れている人ならホイップ、クリーム的なものがない分あっさり完食できるかと思います。
何よりマンゴーが甘くてすごくみずみずしい。今回の台湾ではここのマンゴーが1番美味しかった。マンゴー自体の甘さと水分があったのでシロップはむしろいらないんじゃないの?と感じるくらいマンゴー自体がジューシーで美味しかったです。

他のメニュー

台湾のかき氷らしく、アイスやパンナコッタがのっている豪華バージョンもありましたが、シンプルにフレッシュマンゴーを堪能したい場合はこちらのマンゴーファンがおすすめ。カットマンゴーもメニューにあったのでマンゴーが足りん!という人は追加で頼むと良いでしょう(足りない事はないと思うけど)。みるく氷ではなく黒糖ベースのマンゴー氷もあるのでみるくに飽きた場合はこちらも良さそう。

士林夜市帰りに行くならミニサイズがおすすめ

せっかく士林夜市に行くなら夜市の屋台ご飯も外せないかと思います。ここはミニサイズもあるので夜市帰りに立ち寄るのも良さそうです。かき氷以外のメニューもあるのでかき氷を食べない同行者がいても安心。
ちなみに私が行った時はグループ客が多く、みなさんシェアして食べていたりしたので、1人できて大きいかき氷を食べるのはちょっと恥ずかしかったかな。でもめげずに食べました。そんなの気にならないくらい本当に甘くて美味しいマンゴーでした。

訪問時メモ

2019年9月29日(日)17時頃
待ちなし
日本語メニューあり

まとめ

結局定番のお店ばかりで冒険ができていないのですが、やっぱり定番のお店は美味しいです。日本語のケアもされているので旅行者には安心。
実は他のお店のマンゴー氷も狙っていたのですが、残念ながら今期のマンゴーは終了してしまったとの事。マンゴー氷を狙うならやはり夏を狙うのが良さそうです。(確かにマンゴーの甘さにムラのあるお店もありました)
私も次回は6月くらいを狙おうかとすでにチケット料金とにらめっこ中・・・。

 

前回の台湾かき氷の記事はこちら

台北駅から徒歩圏内 おすすめかき氷2店(冰讃、古早味豆花)かき氷が大好きなので台北駅から行けるおいしいかき氷屋さん2件に突撃。週末弾丸旅行だと時間が限られているので今回は台北駅からアクセスしやす...