旅の準備

LCC週末弾丸旅行で持ってて良かったアイテム

旅行に持っていくものを考えるだけでわくわくするよね。

いろんな事を想定して、本当はいろいろ持っていきたいのだけれども LCCを使った旅行では重量制限があるのであれもこれも持っていく訳にはいかないのが辛いところ。少しでも荷物が軽くなるように、制限に引っかからないように持っていくアイテムを厳選しなくてはなりません。
そこで私が今回の台湾旅行で持ってきて良かった〜としみじみ感じたアイテムをご紹介。

街歩き編

普段使いにも超絶便利なライトウェイトトラベルトート(パタゴニア)

街歩きで荷物が増えるのがイヤな人におすすめ

街歩きをしている時に荷物が増えるのがものすごく嫌。でもせっかく旅行にきたのだからお買い物もしたい。弾丸旅行でなければ別の日に改めてショッピングをする事もできるのだけれども、弾丸旅行だと改めて出直す時間なんてないですよね。かといってショッピングバックだとお買い物をした途端に片手が塞がってしまって街歩きテンションが大幅にダウン。荷物が重くなった途端にホテルに戻りたくなる派の私はリュックだったら両手がフリーになるから便利かな、と思ってパタゴニアのトラベルトート購入してみました。

とにかく軽くて背負いやすい

重さは397gととにかく軽いので荷物が軽い時は肩がけ。両サイドにペットボトルが余裕で入るくらいのポケットがあるので、お水や傘も持ち歩き可能。お土産を買って重くなったらリュックとしても使えます。リュックのベルトも安定感があってものすごく楽。リュックとして使わない時はリュックのベルトは収納できてトートとして使う時にぜんぜん邪魔にならない親切設計。これで容量は余裕の22リットルなので、ちょっとやそっと荷物が増えても大抵収納できてしまいます。台湾旅行では夕方にパイナップルケーキをまとめ買いしたのですが、サニーヒルズの5個入り、10個入り、他の20個くらい入っているパイナップルケーキを箱ごとまとめてバックにINしてリュックで背負う事ができました。超らくちん。

海外でリュックの使うのに抵抗のある人はサコッシュ併用

海外でリュックを使うのは心配なので極力トートにしたい、でも万が一重くなったらいつでもリュックにできる。という安心感が素晴らしい。リュックとして使うことも考えてサコッシュ等の軽い斜めがけバックに貴重品をまとめておいてリュックとして使う時は貴重品だけサコッシュを斜めがけにして使うのがいいと思います。

折りたためるポケッタブルだけどかさばる

ポケッタブルとは謳っていますが、折りたたんでもかなりの大きさなので街歩きバックにそっと忍ばせる、的な使い方はできないので注意。折りたたんで持ち歩くのはちょっと難しいんじゃないな。スーツケースの中に入れておく、初めから機内持ち込みバックとして使う、とかそんな感じが良いと思います。

あまりにも使いやすいので日本に帰ってきてから色違いを購入。週末普通に使いまくってます。まじ便利。超おすすめ。


[パタゴニア] LW Travel Tote Pack 48808 BLK

追記 モデルチェンジしたようです。

前面のポケットの位置が変更になっていて他にもちょこちょこ変更になっているようです。容量やお値段は大きく変更していないので新モデルも気になる。


patagonia パタゴニア Ultra Light Blackhole Tote ウルトラライト ブラック ホール トート リュックサック バックパック バッグ メンズ レディース 27L B4 48809 Sage Khaki [並行輸入品]

洗面用具編

空港でシャワーを浴びる時用のモンベル マイクロタオル

暑いエリアを旅する時、かつ現地出発が夜中の場合、一日活動して汗だくになったあと飛行機にのる事になります。国際空港には大抵シャワーがあるので、1回分のシャワーセットを準備するのがおすすめ。その中でもタオルはかさばるのでアウトドアの速乾で吸収性の高いモンベルのタオルを小さいのと中くらいのを準備しておくと良いです。めちゃくちゃコンパクトなので旅の時は機内持ち込み用バックの中に常に入れておく事をオススメします。
ホテルで体を洗うスポンジ代わりにも使えるので大小そろえておくのが吉。写真は一番小さいやつ。本当にコンパクトでびっくり。


モンベル 速乾タオル マイクロタオル フェイス ブルー 1124612

1回分のシャンプー、リンスセット

機内持ち込みの液体入れに入れておく事を強くオススメします。空港シャワーの備え付けシャンプーの質は特に海外ではギャンブル。空港でシャワーを使えるかどうかわからない場合もあるので、容器タイプではなくて軽くかさばらない試供品的なやつが良いです。無印良品ならいつでも買えるので気がついた時に買うようにしています。国内旅行でもふらっと温泉に入る時にあると便利。

無印良品の化粧品パレット

自分で自由に組み合わせできるやつ。これ、薄くてかさばらないの最高。ブラシもまとめて収納するようにしています。普段のメイクももうこれでいいんじゃないかと思うくらいコンパクトで気に入っています。

仕分けポーチ代わりにモンベルのU.L.MONOショルダー

洗面台にポーチを置きたくない

機内グッズと空港についてからの着替え、スキンケア、メイク用品をひとまとめにしてます。このバックを斜めがけにしてトイレで一気にメイクを仕上げます。ポーチを洗面台に置くのはちょっと・・・という場合もあるかと思いますが、必要なものを斜めがけにすれば問題なし。
スキンケア、メイク用品、コンタクト、着替え、汗拭きシート、ブランケット、マイクロタオル等々ぎゅうぎゅうに詰めています。メイクし終わったらショルダーをそのままリュックに収納。

重さ40gでとても軽い

しっかり量も入るのに本体の重さは40gとびっくりするほど軽い。ポケッタブルなので使わない時はとても小さくなります。便利。他のポーチとかをこのシリースにすると荷物を軽くできるんじゃないかな?色もサイズもバリエーションもあるので、仕分けポーチとしてうまく使うとパッキングが捗りそうです。温泉に行く時のちょっとした洗面グッズを入れるのにも良さそう。

空港滞在編

羽田空港での野宿にも機内でのブランケットにも使えるモンベル ダウンブランケットS

薄いから大丈夫かな?と思ったけど思っていたよりかなり暖かくてびっくり。大きさは66cm×107cmと軽くかける分には十分な大きさ。しかも6cm×10.5cm×8.5cmと小さく収納できて115gと軽い。4月の羽田野宿でも凍える事なく過ごす事ができました。LCCだとブランケットが有料になるかと思いますが、これがあれば機内でちょっと寒くても問題なし。私はMサイズを購入しましたがLサイズだとちょっと持ち歩くには大きいかな。
ドライブや18きっぷ旅でも活躍してくれそう。

まとめ

  • LCC旅で荷物を軽くしたいなら耐久性と軽さを兼ね備えたアウトドアブランドをチェックすべし。その中でもモンベルは価格も安くおすすめ。
  • 夏や東南アジア方面で深夜便に出国する時は、1回分のシャワーセットを機内持ち込みバックに入れておくとシャワーを使う時に便利。シャワーが使えない場合も考えて汗拭きアイテムを持っておくと良いです。
  • 行動の導線を考えた小分け収納をしておくと、空港でポーチをあれこれ出し入れせずに済みます。汗拭いて、洗顔して、化粧して、着替える。このアイテムを1つにまとめておく。

いかに快適な旅行ができるかあれこれ試してみるのも旅の準備の醍醐味。好きな事ならトライアンドエラーも全然苦じゃないのでこれからも精進していきます。