旅の準備

レスポートサック ひとりっぷコラボを買ってみた

女子ひとり旅をしまくっているレスポ大好きなひとりっPさんとレスポートサックのコラボ。とにかくこだわりがすごい方で、その旅スタイルとパワフルな旅行日程には驚愕です。ひとりっPさんに影響されて弾丸旅をしてる女子がたくさんいるんじゃないかなー。私はあそこまで体力がないので無理だけど、旅レポートがめちゃくちゃ楽しいのでよくみています。
そんなレスポートサックとひとりっぷコラボの「マルチパスポートウォレット」を今回購入してみました。

パスポートケース「マルチパスポートウォレット」

ここ数年パスポートケースジプシー

私は旅アイテムが大好きなのですがパスポートケースについては探しているものの、これ!といったものがなかなか見つからずここ数年ずっと暫定運用していました。

パスポートケースに譲れないポイント

私的にパスポートケースで大事な点はこの4つだと思っています。

  • 外側にボーディングパスを入れるポケット
  • バックの中に入れても目立つ配色
  • A4で印刷したeチケットの紙が四つ折りで収納できる
  • 分厚過ぎない

当たり前な感じなんですけど、これがなかなかないんです。無駄に大きかったり、柄が気にいらなかったり。もういっその事レザーのかっちょいいケースにしてしまおうかと思った時期もありました。でもレザーってバックの中で目立たないんですよね。目立つというのも重要なポイントでした。

パスポートケース探し 無事ゴールになるか?

今回のコラボアイテムを見て「これだー!」と思いました。
ゴールドとシルバーですよ。目立たないわけがないじゃないですか。あとは外側にきっちりポケットがついているのもばっちり。もうこの2点だけで即決。
という事で会社帰りにマルイで実物を見てこちらを購入。

シルバー!

ホワイドバランスがいまいちなのでコールドっぽく見えますがシルバーです。
ゴールドも実物を見たのですが、中の蛍光イエローがチカチカするので却下。シルバーは中の生地がかわゆいピンクだったので即決。

実際に収納してみると良さそう!

こんな感じ。
うん。ばっちり。ファスナーの中に小銭やら写真など細々したものを入れて、内側にカード会社の保険冊子(緊急事態が起きた時の連絡先は重要)。メッシュポケットにメモ帳。
Suicaペンギンのボールペンはペンホルダーにいい感じにフィットしたけどファスナーが閉まらなかったので泣く泣くレギュラー落ち。ありがたい事に思っていたよりも厚みがなかったのでメモ帳はリング式でない方が良さそうです。メモ帳とペンは買い直そう。
あまりコテコテ収納する気はないのでこれで十分。

うん。これは良さそう!次の旅で使ってみます。

2019年10月追記↓

マルチパスポートウォレットを実際に使ってみました

先日、台湾に行ってきました。その時に実際にパスポートケースを使ってみたので使い心地をレポートします。

収納力は文句なし

使ったまんまの状態になります。
パスポート、バウチャー、メモ帳、成田で購入したSIM、カード類、手持ちの現地通貨、カード付帯の海外旅行保険の手引き、写真、パスポートのコピー、SIM交換用のピン、ボールペン。

必要なものは過不足なく収納できました。
パスポートのコピーや写真など、みられたくないものは裏側のポケットもしくは、ファスナーの中に収納。小銭をファスナーにそのまま入れると、小銭がファスナーポケットの中で暴れてしまうので、小銭は小さめのビニールに入れておくのが良いと思いました。

外側

中身が詰まった状態。外側にポケットがあるとボーディングパスやパスポートの一時収納にとても便利。一通り収納するとちょっとパツパツかな?

予想外に便利だった「手触り」

私のパスポートケースに求める条件の1つに

  • バックの中に入れても目立つ配色

というのがあるのですが、全く想定外の便利さに気づきました。それは手触り
いやこれは完全にノーマーク。このパスポートケースの素材はつるつる素材なので、そもそもバックの中を見る事なく手触りでパスポートケースを探し当てる事が可能なんです。気づかなかったー。そうか、手触りが特殊であれば、バックの中をごそごそするだけで大事なものを見つける事ができるのか。

バックの中がつるつるポーチだらけの人はモコモコとかザラザラにしよう。

という事で、パスポートケースの条件に「手触り」を追加。これはまじ大事です。

台湾旅行のまとめはこちら

【旅費】台北2泊3日一人旅でかかった費用まとめ今回の台湾旅行はいわゆる「弾丸」と言われる深夜、早朝発着便を使わない昼発着便を使って2泊3日の台湾は楽しめるのか?を確認する旅でした。 ...



もう1つのコラボアイテム「ライアントラベルトート」

同日発売されたトートバックは買いませんでした。ベースはライアンベビートートというママバックです。大きくて内側と外側に十分なポケットがありめちゃくちゃ使いやすいバックです。
すでにベビートートを持っているのであえてこちらを買う事もないかなーというのと、私的にはこのトートは旅の街歩きにはちょっと合わないかなと思っています。

ハワイ カイルアで撮影

この迷彩柄はもう売っていないと思いますが、定番らしくいろんなプリントで展開されています。


(レスポートサック) LeSportsac ライアンベビーバッグ レディース プリント トートバッグ [並行輸入品]

街歩きバックにするにはやや大きくショルダーベルトがかさばる

こちらのライアンベビーバック、大きくて荷物がたくさん入ってしまうが故に重くなった時肩が辛いんです。バック自体は軽くポケットもたくさんあるのでポーチを使わなくても持ち物を分類する事ができてとても便利なのですが、調子に乗ってお買い物をしてぽんぽん荷物を放り込んでいくと肩が死にそうになってしまいます。(カハラでプロテインバーを大人買いして肩が死にそうになった)
その為にショルダーベルトがあるのですが、そのベルトがバックの大きさに見合っていて太くてしっかり作られており、使わない時はそれがとてもかさばるんです。
旅行中に使うかもしれないものを常に持ち歩くのはしんどいし、そこまで荷物を入れなくても元々のバックが大きくかさばるので私にはちょっと使いにくい感じでした。
ちなみに普段使いではガンガン使っていて、その時はショルダーベルトは外して使っています。

機内持ち込みバックとしてはやや惜しい

ライアンベビーバックは機内持ち込みバックとしてはたくさん収納できるし、ポケットもたくさん(しかも大きい)あるので、用途別にポケットを使い分けたりしてすごい使いやすいです。口が大きく開けられるのもポイント高い。小分けポーチをぽんぽん入れても中が見やすいので、機内で必要なものを探す時も楽。

しかし、しかし機内持ち込みバックとして使うには1点だけ惜しいポイントがあるんです。

キャリーオンができない!

これだけ大きくて収納ばっちりのバックなのでトラベル用にカスタマイズして販売するならスーツケースに取り付けられるキャリーオンのホルダーはつけて欲しかった。なぜつけないのだ?
このコラボバックの発売が発表されて、キャリーオンが付いていない事がわかったので早々に購入リストからはずれました。そのくらい旅行時のキャリーオンは私には重要ポイント。
しかしこの後、衝撃的な発表がされます。

ANAコラボモデルにはキャリーオンが付いている!

嬉しい(ある意味残念な)お知らせがありました。ANAの機内販売でキャリーオン付きのバックが発売されるとのことです。(2019年9月1日からなので発売済)
しかし!残念な事に
ANA機内販売(国際線)限定
なのです。ハードル上げすぎだろう。JALはないの?JAL派の私には残念としかいいようがありません。(国際線よりもANAしかないのが辛い・・・)

でもANAユーザーの人には朗報だと思います。良い売れ行きだったらきっとJALでも販売してくれると信じて待ってます。

改善してほしいポイント

言うだけならタダなのでバージョンアップして欲しいポイントを挙げてみます。

  • キャリーオンできるホルダーを追加
  • できればエッセンシャルコレクションで思いっきり軽いモデル

を出してくれると即買いする自信がありますのでレスポートサックの偉い人よろしくお願いします。


(レスポートサック) LeSportsac ライアンベビーバッグ レディース プリント トートバッグ [並行輸入品]

まとめ

旅行が大好きな方と旅バックといえばレスポ !なレスポートサックがコラボをするという嬉しいニュースでした。かなり好評らしくほとんどのアイテムが売り切れ、一部商品は予約販売になっているそうです。お店で見つける事はもう難しそうなので予約販売でゲットするしかないのかな?期間限定みたいなので欲しい人は公式をチェック。
使いやすさは間違いないと思うので、もっとコラボアイテムが出てくれる事を信じて待ってます。

ひとりっぷ本は第一弾と第三弾が台湾がたくさん載っていていてお気に入り。
レスポのベビーバックは第一弾で詳しくレポート(大絶賛)されています。